ギンコ

_プロダクト /2013

/ Type of product: 調音パネル
/ プロデュース: Bla Station

share on facebook share on twitter share on linkedin share on mail share on delicius share on blinklist share on pinterest

Ginkgo(イチョウ)という木は日本では時に敬畏の対象とされています。1945年の広島の原爆という惨劇をも生き延び、今もまだ逞しく聳えている木もあるのです。イチョウの木が “希望の使者” として尊ばれ、平和や忍耐の象徴とも捉えられているのは、そういうエピソードに拠るものでしょう。扇の形をしたイチョウの葉が日本の美術工芸でモチーフとして好まれ、例えば東京都のシンボルマークひいては都営地下鉄のマークとしてなどアイコンとして広く活用されているのも、なるほど頷けます。

そこでパネル “Ginkgo ギンコ” をご紹介します。何百、いや何千通りもの組み合わせを楽しむことのできるこのエレメントは、日本の人々がこよなく愛する優雅さを形にして見せてくれます。

日本の伝統的な図像は、自然の景色を再現するための文化的アイコンが巧みに取り入れられており、私たちを魅了してやみません。

パネルには上から下に向かって傾斜がかかっていて、それが一般的なスポンジの調音パネルのような効果をもたらします。またこの傾斜によって陰影が生み出され見栄えにアクセントが加わり、壁面に動きが生じるのです。

image
image
image
image
image
image
image