Teads.tv

_インテリア /2018

/ プロジェクトの種類: オフィス
/ 所在地: Madrid
/ スペース: 480 sqm

share on facebook share on twitter share on linkedin share on mail share on delicius share on blinklist share on pinterest

Teads.tv のオフィスをデザインするにあたり、デザインの黄金時代、そう、私たちがこよなく愛するあの時代がインスピレーションを与えてくれました。他でもない、デザイン史の転換点、アメリカ・北欧の50年代です。

宇宙開発競争が始まった時代でした。今日のように情報へのアクセスが容易でなかったあの時代、世の人々は広告デザインが描き出す世界を通して夢想をたくましくしたものです。夢がいつか必ず現実になると感じられた時代でもありました。

審美的側面に関して特筆すべきは、潮流からの脱却を図った点でしょう。温もりが感じられ、それでいて現代的なニュアンスを湛えた空間を創出してくれるエレメントの数々を、オフィスの隅々にまで配置しました。スペースに気品と風格を与えるそうしたエレメントやマテリアルは、長らくオフィスデザインのコンセプトからは遠ざけられてしまっていたのではないでしょうか。

ここは、TEADSがTEADSであるがゆえの空間、そして彼らが彼らであるための空間です。“働く場所”という空間において叙情性は熱いハートを涵養し、そのハートに芽生えた情熱や憧憬が逆に空間に働きかけるのです。

相対的視点を失わないために、またディテールを疎かにすることの無いように、プロジェクトの主柱には常にTEADSという企業そのものを据えて事を進めました。その甲斐あってか、従来のワーキングスペースの概念を裏切るような、斬新な空間を創出できたと感じています。 “TEADSらしさ”を強烈に印象づける仕上がりです。

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image